同居人とのトラブルを避ける

そのシェアハウスがどんなところで、どんなルールがあるのか、住人はどんな人たちなのかによってそれぞれに対応は変わってきます。住人同士が細かなルールの下でお互いに干渉しすぎず、それでいて同じ家の中に誰かが生活しているという安心感も得られるのがシェアハウスの魅力です。

しかし、同居人の間の決め事を自分勝手な理由で守らないようなことがあるとトラブルに発展することもあります。共同で使うスペースにおけるルールは、一緒に暮らす人の中にはルーズできちんと守れない人もいたりするのですが、困ったことは定期的に話し合いの場を設けるなどの対処によって深刻なトラブルに発展する前に解決しておくことがコツです。

日常的な掃除なども同居人のうちの誰かに負担が偏ってしまうようだとやがては不満が募ってトラブルにつながりやすくなってしまいます。共同スペースに置いてある私物は人のものは絶対に使用しないといったルールがあるのにいつの間にか食材や消耗品が無くなってしまったというのもよく耳にする困りごとですが、そんな状態が日常茶飯事になるようなら同居人同士がどうすればみんなで守りやすいルールにできるかといった話し合いを持つようにするのが効果的です。

 

他では得られない経験

入居者同士が様々な自主イベントを開催するというのもシェアハウスでの生活を楽しくするものです。例えば同居者の誰かが英語が得意なら定期的に英会話のレッスンを開催したり、季節に合ったお料理教室を開いてみたり、時には同居者同士が日帰りの旅行に出かけるなどの楽しいイベントがあると、日常生活もメリハリがついてとても楽しく有意義なものになります。

もちろん赤の他人同士が同じ空間に生活するようになれば考え方も価値観も異なるのが普通なのでトラブルが生まれることは珍しくありません。一人暮らしで自分ひとりだけの部屋での生活ならすべての事を自分でしなければならないけれど、その分自由度が高くあらゆることを自分のペースで進められるのでストレスが少ないかもしれません。

けれどもシェアハウスは様々な職種や考え方をもつ、出身地も年齢も異なる人同士が共同生活する場なので、一般的な一人暮らしでは得られない様々なことを経験できるのが最大の魅力です。意見の違いから対立が起こるのもむしろ当然のことで、トラブルを知恵を絞って解決することで確実に人間関係を築く力が付きます。そして様々な年代や職種の人が一緒に生活することで自分の職場とは全く違うネットワークが広がるのも魅力の一つです。

シェアハウスの共同スペース

親元を離れて独立して一人暮らしをしたいけれど、都市で一人暮らしするのは何かとお金がかかるものです。そんな時に費用面での負担を軽くしたいという要望を満たすためにシェアハウスというのも選択肢の一つとして現在高い人気があります。現在は様々なタイプのシェアハウスがあり、高級マンションさながらの設備を持った場所や、玄関も自分の部屋もカードキーで管理されているためセキュリティ面で安心できる、また女性の一人暮らしが不安だったり、男性とのシェアハウスにちょっと抵抗があるという人向けに女性専用フロアを設けたシェアハウスなどもあります。

キッチンやシャワースペース、トレーニングジムなどは共同で使用するというところが多いようですが、そのほかにも広いリビングがあったり、入居者同士が気軽に交流できる場所として大切な役割を持つのが共同スペースです。自炊できるように広々としたキッチンがあり、調理器具や電気製品などもみんなで使えるというところもあります。

PICK UP[http://www.e-guesthouse.com/

共同スペースはこれまでならば入居者が細かいルールを決めてみんなで分担して掃除をするといった方式の所が中心でしたが、現在はシェアハウスと言えども快適にトラブルなく過ごしたいという人も多く、共用スペースは清掃会社が定期的に掃除をしてくれるので入居者が当番制で掃除をするといった必要のないところもあります。ただし、当然ですがそうしたシェアハウスの場合、共益費はその分高額になることは覚悟する必要があります。